減量のためのヨガ

減量のためのヨガは、静的なポーズ (アーサナ) での一連の運動によって表されます。緊張、ストレッチ、ツイストが含まれます。その結果、問題のある領域に蓄積された脂肪が燃焼し、筋肉が引き締まります。美容効果に加えて、ヨガは人体の代謝を正常化し、過食を取り除くのに役立ちます。

ヨガがどのように役立ち、減量にどのように影響するか

ヨガが減量にどのように役立つか

ハタ ヨガの古代の教えは、内部エネルギーの再分配のスキルに基づいています。運動は適切な呼吸と組み合わせる必要があります。人体では、生理学的な変化だけでなく、精神的な変化も起こります。定期的な運動は、病気に対処し、精神障害を排除するのに役立ちます。

代謝

減量のためには、臓器や組織の代謝を促進する必要があります。すべての特別なアーサナは、血中酸素飽和度を高め、血糖値を正常化するのに役立ちます。運動は、余分な脂肪を燃焼させてエネルギーを生成するように新陳代謝を指示します。食品の炭水化物とタンパク質成分の同化は、フリル、水分、脂質保持停止なしで合理的な必要性を提供します. 甲状腺の機能を刺激し、肝細胞の浄化作用を回復することが重要です。

筋肉に何が起こるか

肥満は、腹部だけでなく、腕、腰、顔、首にも筋肉のたるみを伴います。収縮をもたらす主なタンパク質成分の産生を正常化することで、弛緩した筋肉組織を弾力性に変え、弾力性と伸縮性を回復させることができます. 身体活動は、脂肪層の消失を背景に筋肉量の増加に寄与します。

お腹と背中に密な「コルセット」が形成され、背骨を支え、腸を刺激します。顔の輪郭が若返り、2番目のあごが消えます。ヨガを行うと、腹膜の内因性脂肪を永久に取り除くことができます。

ヨガが体に与える影響

肥満との闘いにおいては、根本原因を突き止めることが重要です。実際の経験によると、体重を減らそうとするとき、太りすぎの人は精神状態を考慮に入れていないことがよくあります。仕事での毎日の過負荷とストレス、対立状況は、落ち着く唯一の方法として、食欲を刺激する可能性があります。

アーサナを行うと、脳の活動に影響を与えます。エンドルフィン (幸福ホルモン) の合成を活性化することで、気分とパフォーマンスが向上します。慢性疾患に苦しむ人々への鎮痛効果が証明されています。クラスの順序と規則性により、悪化、高血圧、半分飢えた食事による追加のストレスを回避できます。

病状がある場合、ヨガはトレーナーの指導の下でのみ使用する必要があります。怪我や脳血管障害後のリハビリ期間中は、アーサナに一定の制限が設けられています。妊娠中の女性は、まず医師に相談してください。

ヨガのための適切な栄養

ヨガに適した栄養

アーユルヴェーダの教えによると、人は主なエネルギーを食べ物から受け取ります。それがポジティブな力を運ぶためには、機嫌よく食べる必要があります。

ヨギは3種類の食べ物を区別します:

  • クリーン - 最も有用で、すべての植物製品(野菜、果物、ナッツ、シリアル)が含まれ、長い練習の後に完全な菜食主義に行きます(蜂蜜はお勧めしません);
  • 刺激 - 体に害を及ぼすため、食事から除外されます(コーヒー、紅茶、アルコール、ソーダ、スパイス、玉ねぎ、にんにく、魚介類、卵)。
  • 重い - 消化が悪く、眠気を引き起こすため、頻繁に使用するのは望ましくありません(赤身の肉料理、缶詰食品、冷凍後に調理された繰り返し加熱された食品、カフェやレストランの食品)。

日替わりメニューでは、加熱処理された製品の40%以下が許可されています。規則では、ゆっくりと咀嚼し、1 日あたり少なくともコップ 10 杯の水 (体重 1 kg あたり 30 ml) を飲む必要があります。食事の回数は1日2〜3回を超えません。満腹感があると、食べるプロセスが止まります。週に 1 日は荷降ろしと清掃に割り当てられます。理想的には、水とフレッシュ ジュースのみが提供されます。

減量を目標にヨガのクラスを始めた人が、すぐに習慣をやめるのは難しいです。トレーナーは、摂取した食品をリストする日記をつけることを勧めています. 体重を毎週記載しています。栄養の種類と減量の程度の依存性ははっきりと見えます。

減量のためのアーサナ

多くの一般的なフィットネス テクニック (ピラティス、カラネティクス、ストレッチ) には、古代の方法によるエクササイズが含まれています。クラスの前に、食後1. 5〜2時間の間隔をあけることが重要です。姿勢を保持する時間は、30 秒から 5 ~ 7 分に徐々に増加します。初心者の場合は、休憩を挟んで15秒を5回繰り返すだけで十分です。

ポーズ「コブラ」

減量のためのコブラのポーズ

開始位置:うつ伏せになります。

  1. うつ伏せになり、足を伸ばし、肘の関節で腕を曲げ、手のひらを肩の下に置きます。
  2. ゆっくりと息を吸い、手のひらを床に置き、背中をできるだけ後ろに曲げ、敷物の表面から足を引き裂かないでください。
  3. あごを上に伸ばし、首の筋肉の緊張を感じます。
  4. 15〜30秒間保持します。
  5. 息を吐きながら、開始位置に戻ります。

"ボート"

減量のためのボートのポーズ

開始位置:仰向けになり、脚をまっすぐにし、腕を体に沿わせます。

  1. 息を吸いながら足を上げ、靴下をはきます。
  2. 手を前方に伸ばし、肩甲骨を床から 45 度の角度に引き離します。
  3. 15 秒間バランスを保ち、自由に呼吸します。
  4. 息を吐きながら、床に身を下ろします。

弓のポーズ

減量のための弓のポーズ

開始位置:うつ伏せになります。

  1. 同時に、後ろに曲げて、曲がった足のすねをつかみます。
  2. 深呼吸をして、息を吐きながら頭を後ろに傾け(あごが上がるはずです)、腰を床から引き離してみてください。
  3. その位置を15秒間保持します。
  4. 開始位置に戻ります。

"板"

減量のための板

開始位置:うつ伏せになります。

  1. 手のひらを肩のすぐ下の床に置きます。
  2. 足を伸ばしてつま先をつけます。
  3. 緊張して引っ込められた腹部の助けを借りて、背中の直線を維持しようとして、最もまっすぐな腕で体を持ち上げます。
  4. ホールドの持続時間は、毎日 15 秒から 1 ~ 3 分に増加します。

杖のポーズ

減量のためのスタッフのポーズ

「バー」を自在に使いこなすとマスターされる。複雑なのは、肘を腰に押し付けて、部分的に曲げた腕で体を支えることにあります。

「風の解放」

減量のためのウインドリリースポーズ

開始位置:仰向けに寝ます。

  1. 息を吐きながら、足を曲げ、胸に引き寄せます。
  2. 手で膝を握ります。
  3. ゆっくり、深く呼吸してください。
  4. 1~1. 5分間その位置を維持し、自由に呼吸してください。
  5. 息を吐きながら開始位置に戻ります。

下向きの犬

減量のために犬を伏せてポーズをとる

開始位置:うつ伏せになります。ストレートアームの中間「バー」から:

  1. 骨盤を上げ、頭を下げます。
  2. 体重をかかとに移します。
  3. できるだけ足をまっすぐにして、かかとを床に伸ばしてみてください。
  4. 30秒後、膝を曲げてお尻の上に座ります。

イルカのポーズ

減量のためのイルカのポーズ

複雑な「下向きの犬」のポーズです。体重移動に加えて、肘に落として体のバランスを確保する必要があります。

"蝶"

減量のためのバタフライポーズ

開始位置:背中をまっすぐにして座り、足を前に伸ばします。

  1. 膝を曲げます。
  2. 腰を外側に向け、膝を床に押し付けます。
  3. 足を接続し、手でつかみます。
  4. 翼の羽ばたきに似た膝の動きをします。

ポーズ「ピラミッド」

減量のためのピラミッドのポーズ

両方向で交互に行われます。開始位置: 腕を下ろして立ち、足を肩よりも広く開き、足を平行にします。

  1. 右足を右に90度回します。
  2. 胴体を右に傾け、胸を膝に押し付けます。頭と首は緊張してはいけません。
  3. 30 秒後、スムーズに垂直位置に移動します。右足を元の状態に戻し、左足を外側に向けます。左に同じ勾配を繰り返します。

より困難にするために、肩甲骨の領域で腕をねじって「ロック」するか、胴体を前に向けて傾斜の反対側の腕を引き上げます。

結論

ヨガを始めるときは、ルールに従わなければなりません。追加のテクニックを使用して迅速な結果を達成しようとすると、アーサナの作用メカニズムが混乱する可能性があります。通常の授業は自宅で簡単に行うことができます。成功は徐々に達成されますが、余分な脂肪は永久に排除されます